武蔵小杉- さこう眼科- ららテラス武蔵小杉(神奈川県川崎市中原区:眼科)

さこう眼科

予約はこちら

オルソケラトロジー治療

オルソケラトロジー治療とは?オルソケラトロジー治療とは?

オルソケラトロジー治療とは?

眠っている間に視力矯正

寝るときに特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜の形状を変化させ裸眼視力を改善する最新の治療法です。

視力は一定時間維持され、日中は裸眼で過ごすことができます。

大人に比べて角膜が軟らかい若年層には特に効果的だと言われています。

手術を必要とする「レーシック」と違い、コンタクト装用を中止すると元の状態に戻る点も安心です。

治療のしくみ

オルソケラトロジー治療は、就寝時に特殊なレンズを装用することで角膜形状を変化させ、レンズをはずした後の裸眼視力を改善させる治療法です。変化した角膜形状は一定時間維持され、その間の裸眼視力は改善されます。

レンズ装着前

<レンズ装着前>

通常は光が角膜と水晶体の屈折力により、網膜上で焦点を結びますが、近視の状態の場合、網膜より手前で焦点を結ぶために像がぼやけて見えます。

就 寝 中

<レンズ装着中>

オルソケラトロジーレンズを就寝時に装用することにより、特殊な内面カーブが角膜前面の形状を変化させ、扁平化することにより焦点が網膜上で結ばれ、像がはっきり見えます。

日 中

<レンズ脱着後>

オルソケラトロジーレンズによって扁平化された角膜前面は、レンズを外しても一定時間形状が維持されるため、日中は裸眼視力が改善されます。

当院で扱うレンズの紹介(厚生労働省より高度管理医療機器の承認を得たレンズです)

レンズの特徴

瞳にやさしい高い酸素透過性
酸素をたっぷり通し、瞳への負担が少ないので、就寝時装用でも安全・安心です。
瞳にやさしい素材を使用、耐破損性に優れたやわらか素材
外部からの衝撃に対して、しなやかに曲がり、割れるのを防ぎます。
日本人の角膜形状に合わせて開発されたデザイン
日本人に多い角膜中心部に突出の少ない、フラットな球形角膜にも安全に処方するため、リバースカーブの長さとカーブをコントロールし、*サジタルデプスを浅く設計しています。これにより角膜への固着を防ぎ、レンズの動きによって涙液の交換が良好におこなえるようにデザインされています。また、レンズ中央部のベースカーブが角膜上皮の厚さの範囲内で角膜形状の変化をおこなえるようにレンズのリバースカーブを設計しています。

欧米で使われているレンズよりサジタルデプスを浅くしてある

角膜中心部にわずかな圧力をかけるよう設計されたカーブ(内面)

※サジタルデプス・・・コンタクトレンズのカップの深さ

レンズの寿命は2~3年です。2~3年ごとに角膜を計測することにより、最適なレンズを処方することができます。

こんな人におすすめ

眼が成長段階の若年層の方

眼が成長段階の若年層の方

子供の近視進行の抑制効果があるといわれています。

成長期は近視も進行しやすいといわれています。

オルソケラトロジー治療は、近視進行の抑制効果があると論文で発表されるようになってきました。

日中メガネやコンタクトレンズを使用したくない方

職業上メガネの使用が難しい方や、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方におすすめです。

軽度の花粉症の方

日中は裸眼で過ごせますので、自由に点眼もできます。

スポーツを楽しみたい方

野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバダイビング等の水中のスポーツをされる方も、裸眼でおもいっきり楽しめます。

レーシック等の外科的手術に抵抗がある方

「手術なのでやはりこわい」「術後の感染症・合併症・後遺症などが不安」という方も、オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻るので安心です。

オルソケラトロジーのメリット・デメリットオルソケラトロジーのメリット・デメリット

メリット

  • 手術が不要なのですぐに始められます。
  • 子供の近視進行の抑制効果が期待されます。
  • 就寝時の装用なので日中は裸眼で過ごせます。
  • レンズを中止すれば角膜の状態は元に戻ります。

デメリット

  • 夜間のコンタクトレンズ装用が必要です。
  • 視力が安定するまで一定期間見え方が変動することがあります。(個人差があります)
  • 人によっては、夜間にまぶしかったり、にじんで見えたりすることがあります。
  • 2~3年おきにコンタクトレンズの買い替えが必要です。

治療の流れ治療の流れ

1. カウンセリング
・オルソケラトロジー治療にご理解をいただけるよう、矯正原理やメリット・デメリットについてご説明致します。
2. 適応検査

・眼科検査及びオルソケラトロジー治療が適応可能かを判断する検査です。

・コンタクトレンズを装用されている方はご相談ください。

3. 装用体験

・トライアルレンズを用いて1週間装用体験することができます。

・装用開始翌日に定期検査を行いますのでご来院ください。

4. 治療開始

トライアルレンズを返却いただき、新しいレンズを注文します。

・治療を開始する場合は必ず同意書にサインしていただく必要があります。(未成年者の場合は保護者の同意が必要です。)

5. 定期検査

・レンズ受け渡し後から以下の日程で来院が必要になります。翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、以降3ヶ月毎。

・定期検査は治療後の安全性・有効性の確認に大変重要になります。お守りできない場合は途中で治療を中止させていただく場合がございます。

・眼の状態により定期検査以外にも来院が必要になることがございます。

・9ヶ月後以降の定期検査には3,000円+税が必要です。

お問い合わせ、ご相談など、詳細はさこう眼科までお問い合わせください。

費用について費用について

表記金額は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

オルソケラトロジー治療の費用(両眼・片眼)

【両眼】 130,000円 【片眼】 80,000円
※最初に適応検査で別途5,000円が必要です。
※6ヶ月後までの定期検査代込み。

詳細は担当医・スタッフまでお気軽にお尋ねください。

保証・その他

処方交換 半年以内 ・・・片眼1回ずつ【無料】 半年以内
片眼1回ずつ【無料】
破損保証 1年以内 ・・・片眼1回ずつ【無料】 1年以内
片眼1回ずつ【無料】
紛失時

保証期間外となります。

全額患者様負担

片眼レンズ(管理費込)・・・【35,000円】

片眼レンズ(管理費込)
【35,000円】

返金保証

1ヶ月以内 ・・・【両眼:90,000円】【片眼:45,000円】を返金いたします。(レンズは返却いただきます)レンズ紛失や破損がある場合は返金できません。

1ヶ月以内
【両眼:90,000円】
【片眼:45,000円】を
返金いたします。(レンズは返却いただきます)レンズ紛失や破損がある場合は返金できません。

装用体験制度

装用体験

保証金【30,000円】をお支払いいただきます。

装用体験後、トライアルレンズをご返却時に保証金を返金いたします。

(トライアルレンズに破損、紛失がある場合、保証金の返金は致しかねますので十分ご留意ください。)

本治療に入る場合は、上記の初年度費用【130,000円】を装用体験後にお支払いください。

その他注意点

※ オルソケラトロジー治療は自由診療ですので、保険適用外、全額自己負担となります。

※ オルソケラトロジー治療は、眼鏡やコンタクトレンズのように視力矯正ではなく治療です。従って医療控除申請が可能です。(領収書が必要になります)

その他目薬、ケア用品、定期検査以外の受診については別途費用が必要になります。

Q&AQ&A

どんな人に向いていますか?
スポーツをされる方や普段メガネやコンタクトなどで不便を感じている方等です。
通院期間はどのくらいですか?
基本的な定期検査のスケジュールは、1週間後、1ヵ月後、その後は3ヶ月毎となりますが状態により医師の指示に従ってください。
年齢制限はありますか?
レンズの管理と取り扱いが可能な方であれば特に年齢の制限はありません。幅広い年齢層が治療の対象となっています。
注意しなければならない事はなんですか?
通常のコンタクトレンズと同様、適切な医師の指示に従って使用してください。
治療に向かない人はどんな人ですか?

強度の近視や遠視、乱視、眼疾患のある方、コンタクトレンズの取り扱いができない方。

不規則な生活を送っている方(6時間以上睡眠のとれない方)。

妊婦、授乳中の方や妊娠の計画のある方。

職業として常時適切な視力が必要な方等。

レンズの取り扱い方が難しいのでは?
基本的な取り扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。
途中でやめるとどうなりますか?
個人差によって多少の違いが出ますが、1~2週間程度で角膜の状態は元通りになり、他の矯正方法へ変更できます。

上へ
下へ